読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこかのマーケな中の人

どこかの企業でマーケ的なことしてます思ったこと徒然と

Googleの中の人も手に負えない世界

======
いま、人工知能は「Google検索」を大きく変えようとしている
======
http://wired.jp/2016/03/13/ai-is-transforming-google-search/

今のようにGoogleがある程度人的にロジックを作っている場合は、まだ我々の頭で考えられる範疇のユーザー思考で行けそうですが、だんだん実はユーザー取られているけど人智を超えた範疇のアプローチというのもここ数年で出てきそうですね。


まあさすがにGoogleの中でもコントロール出来ないレベルにすぐに移行することはないと思いますが、そういった因子が今後徐々に出てくることはありそうな気がします。

 

```ニューラルネットの導入で、一部コントロールを失うことは事実。だがすべてではない」と語るのは、深層学習スタートアップ・Skymindの創設者クリス・ニコルソンだ。ニューラルネットは数学、線形代数をベースとしているため、技術者は内部の多層構造における数値を高精度で追跡できる。しかし、自然言語処理による分類がどのように行われるかを解釈できないことが困ったところだ。

「人間はディープラーニングの前提は理解していますが、生成されるモデル自体をほとんど理解できないわけです。しかし、コンピューターならばそれも可能で、非常に正確な結果が得られます。その結果をどうやって導いたのか、わたしたちも逐一説明できるわけではないのですが」(ニコルソン氏)

つまり、ニューラルネットを理解するためにはトライ&エラーを繰り返し、前提となる数学と適合させて新しいデータ上で試す。そしてより多くの試行錯誤を繰り返す必要がある。もちろんそれは可能だ。しかし、同時に煩雑でもある。Google検索をAIモデルに移行した場合、検索結果を場合によって保護したり変更したりといった臨機応変な対応が行えるかはわからない。