読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこかのマーケな中の人

どこかの企業でマーケ的なことしてます思ったこと徒然と

世界のWEBサービスプレイヤーの日本参入の成功の可能性

======
世界大手ツアー予約「ビアター」が日本市場に本格参戦、その狙いと背景を責任者に聞いてきた
======
http://www.travelvoice.jp/20160329-63705

世界のプレイヤーが日本市場狙いに来てます。
最近はローカライズが必要そうな業界でもどこかと組んでやってくることが多くなってきてる気がします。

UXUIや独自サービスなどは世界基準でやってるところがうまくローカライズ対応出来ると掻っ攫われる&市場の刺激になってユーザーも広がる可能性も高いので網張っておきたいですね。(もちろん何にも刺激にならずに撤退していく世界プレイヤーも多いですがw)

日本だとアクティビティ系は小さいプレイヤー多いですが
アソビュー辺りが最大手かなと
http://www.asoview.com/



```ビアターは1995年創業のアクティビティ予約の先駆けといえる世界大手サイト。現在のところ、世界165カ国4000以上のデスティネーションで3万2000以上の観光ツアーやアクティビティを取り扱っている。80万件以上のレビュー情報や映像情報、専用アプリなどを通じて旅行者が求める旅行情報を配信。「旅の達人チーム」の介在や年中無休のカスタマーサービス、最安値保証といった取り組みも充実している。

2014年8月にトリップアドバイザーの傘下に入ったことで、「世界最大の旅行市場であるアジア太平洋に投資するリソースを得ることができた」(アイ氏)ことから、日本を含む同地域での本格展開を決めた。

日本市場の現状については、インバウンドは訪日旅行者の増加にともなって成長。「たとえば、東京から富士山への日帰りツアーは、グローバルでもトップクラスの人気」になっているという。一方、日本人の海外旅行(アウトバウンド)では、アイ氏は「世界的に見ても市場規模は大きく、ポテンシャルは高い」との見方。「日本市場を伸ばすことが(自身の)タスクのひとつ」と話し、強化ポイントとして挙げた。