読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこかのマーケな中の人

どこかの企業でマーケ的なことしてます思ったこと徒然と

検索体験がどんどん変わっていく兆し?

======
Google の自動車広告(Automotive Ads)が正式にスタート
======
http://unyoo.jp/2016/03/google-automotive-ads/

自動車関連のクエリに絞って、リッチな情報提供を検索結果上でしていく取り組み
自動車以外も出てきそうですね。またADに限らず担っていく可能性もあります(ただネイティブにやるのは保険などで失敗してますが・・・)

特に↓のマイクロモーメントの考え方は大体どの領域でも当てはまるので
特に意思決定の障壁が高いものはこういった後押しの貢献度が高いので、金融系や不動産系は動きが出てきやすいかもですね

```自動車広告は Google の提唱する Micro Moments とも密接に関連付けられており、自動車購入における上図の5つのモーメント 「どの車がいいか」 「自分にとっていい車か」 「買えるのか」 「どこで買うべきか」 「まさに決める瞬間」 を、モバイルでのユーザー体験を通じてシームレスにつなげていく役割を担うようです。
```

基本的には我々も人の行動を変えていくための情報提供というベクトルは一緒だと思うのでちゃんと消費者の行動フローに向き合っていれば自然と取り込まれる気がしています。フローで考えること大事ですね。内部回遊や定着化も似たような文脈かなと思ったりします。

以下概要です



```自動車関連の検索クエリは既にモバイルがPCを上回っている業種の1つであり、「モバイル経由のクエリは昨年1年間で51%増加」や「自動車の写真を調べるクエリの8割はモバイルから」など、当初の発表どおり、今回の自動車広告はモバイルを優先したユーザー体験を提供することをねらいとしているようです。

自動車広告は Google の提唱する Micro Moments とも密接に関連付けられており、自動車購入における上図の5つのモーメント 「どの車がいいか」 「自分にとっていい車か」 「買えるのか」 「どこで買うべきか」 「まさに決める瞬間」 を、モバイルでのユーザー体験を通じてシームレスにつなげていく役割を担うようです。

具体的には、画面をスワイプすることで車の外観や内観を見ることができ、画像をタップするとその車の詳細情報を確認できる機能を提供するほか、広告内の「Dealer」ボタンを押せば、ローカル情報と連動して現在地近くのディーラーが表示され、試乗予約などもできるようになるとのこと。